ドン・カフェリオーネのひとりごと

ドン・カフェリオーネがお伝えします。

紙コップ、プラスティックカップ、スプーン・フォーク・ナイフなど、使い捨て容器をトータルに販売する「パッケージステーション」の情報をドン・カフェリオがお伝えします。

2017年8月28日

お盆ベトナム旅行

ワシ6月に続き、また行ってきましたベトナム

お盆休みを利用して、今回はホーチミンにだけ滞在したで◎

何気に3年前にも中部にあるダナンに行ったから、今回でベトナムは3回目!!

どっぷりベトナムの魅力にはまっております

 

今回はせっかくやからメコン河クルーズのオプショナルツアーをつけてん♪

ホーチミンからツアーバスで走ること2時間ほど、南西にあるミトーへ

さらに船着き場からメコン河の中洲にある獅子島へ

とにかく、メインのジャングルクルーズにたどり着くまでに寄り道が多かった

まずは養蜂場で蜂の巣を持ち、なぜか蛇も首に巻かれ記念撮影

蜂蜜茶はすだちを絞ってさわやかなお味でした!

お次はココナッツキャンディー工場

工場というより、民家のガレージで家族でキャンディー作ってるっていう感じやったな~

ココナッツを割るところやキャンディーができるまでの工程を見せてくれて、試食もさせてくれたで

 

お次は現地のフルーツを食べながら、民族衣装を着た男女が入れ替わり歌を歌ってくれました!

赤い毛のフルーツはランブータン。

ライチみたいで美味しかったで☆

さて、いよいよメインイベント、ジャングルクルーズ!!

手漕ぎボートで10~15分ほど日常とかけ離れた時間を満喫しました

なかなか予定の詰まったツアー、お次はヴィン・チャン寺へ!!

寺といっても、中国とフランス様式を取り入れた、日本の寺とはかなり違う雰囲気。

お堂の中の仏像の後ろにはなんとビックリ、電飾が!!

写真に撮れんかったんがものすごく残念…気になる人は是非行ってみて~

さぁ、14時をまわってようやくお昼ご飯!メコンレストストップへ。

ここの名物はエレファントフィッシュとソイ・チン・フォン(揚げ餅)!!

エレファントフィッシュは身をほぐして生春巻きにしてくれたで。

パイナップルも一緒に巻いてあって美味しかったわ。

揚げ餅は自分で割れるのかと楽しみにしてたのに、引っ込められて割った状態でテーブルに並べられました。

冷めて油ギトギトで残念な気持ちに…

箸袋が日本ではあまり見かけない形だったので思わずパシャリ

さぁさぁ、まだまだ終わりませんこのツアー!

ホーチミンに戻り、サイゴン大教会やサイゴン中央郵便局、6月にも行ったベンタイン市場までさくさくと観光。

そしてまだお腹いっぱいの中、晩ご飯。観光客で賑わうニャーハンゴン!!

空芯菜の炒めもの、バインセオ(米粉の生地をクレープのようにうすくのばしてもやしや豚肉をはさんだもの)にチェー(煮豆やタピオカ、ココナッツミルク、クラッシュアイスが入っており、カキ氷のような味わい)!!

そして現地ガイドさんのおすすめのビール、サイゴンスペシャル!!

軽い口当たりで飲みやすかったで◎

もちろん、他のビールも飲んでみたけど、おすすめなだけあって、サイゴンスペシャルが一番美味しかったわ~

あと、ベトナムで有名なバインミー(20cmもの大きいフランスパンに切り込みを入れ、バターやパテを塗り、野菜や香草、肉や魚を挟んだもの)、バインフラン(ベトナム風プリンで牛乳ではなく練乳が使われてるねん)も堪能しました。

ケンタッキーも行ってんけど、チリソースとケチャップが取り放題でした☆

そして、ベトナムと言えばコーヒー!!

プリン同様、ここでも牛乳ではなく練乳を入れて飲むのが定番やねん◎

お土産でも人気のハイランズコーヒーで買ってみたで~

練乳、合う

甘ったるいんかと思ったけどコーヒーの美味しい苦味が引き立って相性抜群やったで♪

何度行っても楽しいベトナム、次はハノイかな~

 

2017年6月12日

ベトナム ~フーコック編

さぁて、ホーチミンから飛行機で1時間弱ほど飛んでやって来たのが

ベトナムの南西、タイ湾に面したほぼカンボジアとの国境にあるフーコック・アイランド

広さは淡路島とほぼ同じやそうで、ベトナム最後の秘境と言われとる

 

この島の産業と言えばヌクマム(魚醤)、胡椒、真珠の養殖、シムワインなど!!

特に胡椒は、非常に良質でヨーロッパで高い人気があるそうや

ワシも“レモンペッパーソルト”なるものを買って帰りました

生野菜にこれをパラパラとふりかけ、あとはワシの大好きなオリーブオイルと白バルサミコをたらしたら

もうドレッシング要らずやね

 

ワシが行ったこの時期はあいにくの雨季やったけど

ベストシーズンは、エメラルドグリーンの海と数キロにもおよぶ白浜が目に眩しいそう

そやから世界的なインターナショナルホテルが先を競ってビーチ・リゾートを展開しとるんや

 

さて、今回ワシが滞在先に選んだのはベトナムでは超有名な財閥ヴィンパールグループが運営する

島の北端に位置するリゾートホテル☆

客室は巨大な二棟(オーシャンウイングは日本人と欧米人用でもう一棟のコーラルウイングは中国人と韓国人用)があり全750室!!

その他に家族やグループで楽しめる一棟建てのコロニアル調のコテージもずらっと百以上並んであり

巨大な敷地内には白砂のプライベートビーチ、中庭の椰子の木に囲まれたプール、そのプールサイドにはバー

もちろんスパ、ジム、ちゃんと整備されたゴルフ場まであり、東京DRを彷彿とさせる遊園地や

日本では危険すぎて絶対許可が下りないであろうウオータースライダーが何種類も乱立するプール、

特筆すべきは、東南アジア最大規模のサファリパーク

それらの施設を現地のお兄さん運転のトゥトゥと呼ばれるカートで自由に行き来でき利用できる次第や☆

自然の中で過ごすには最高の条件と立地

 

そしてこの島でワシが一番気に入ったのは現地のマーケット!!

小さな村の市場で新鮮な魚をさばく人々、桟橋の両端にひしめくようにある水上レストラン☆

ナイトマーケットで晩ゴハンを食べる家族連れ(ちなみにベトナムでは家庭で食事をする習慣が無く朝昼晩全ての食事は外食らしい

ナイトマーケット見てて、ワシ、なんか日本の縁日を思い出したわ◎

そこでワシ、日本でも一時流行った鉄板アイスをチョイス

目の前でキンキンに冷やした鉄板にシロップをたらして作る例のヤツ!!

日本円で150円ほどやった

Tシャツなんかの雑貨も豊富やったで♪

 

で、さいごに、ワシが一番衝撃的やったんが、下の写真!!

バスの中からの撮影でちょっと見にくいんやけど

道端で生肉(おそらく豚肉)を吊るして売ってんねん

どんどん気温があがる真っ只中 何で!?

と、思うのは都会の生活に馴れたモンの感覚

向こうの人の考えでは、冷蔵庫に入った肉やまして冷凍の肉などは

「新鮮じゃない!」という感覚らしい

「おいらの肉は、捌いたばっかしで真新しいからこうやって売っているんだ」

「冷蔵庫に入れたり、冷凍にしたりしたら、古い肉を売ってると思われちゃわ」

・・・・・・カルチャーショックを受け、島をあとにしたドンでした

 

2017年6月7日

ベトナム ~ホーチミン編

せっせと各地にお出かけのドンです!!

今回は思い切ってベトナムまで飛びました

まず、降り立ったのはベトナム最大の経済都市“ホーチミン

旧名を「サイゴン」といいます。

フランス統治時代の影響が色濃く残るところから、「東洋のパリ」と呼ばれているだけあって古い建物なんか情緒があってヨーロッパを思い出したわ~

でも、経済的中心地というだけあって、今やご他聞にもれず高層ビルが林立して大都市の様相を呈しておりました

 

海外からこの街に来て誰もが驚くのが、そのバイクの多さ

道路の8割をバイクが占める、まさにバイク、バイク、バイクの洪水!!

特に朝夕のラッシュの時間帯は、圧巻やった

道を歩く現地の人はおらず、殆どの人、家族がバイクで移動

なんせ、お父さんとお母さんの間に子供が挟まっての3人乗りはあたり前。

一台に大人二人に子供二人っちゅうのも何べんも見たで

というのも、交通ルール上、子供は二人までは乗車人数に含まれないというけったいなルールがあるらしいわ~

これは、交通インフラの事情によるところなんやろうけど、ベトナム政府と日本の会社の共同企業体で、現在、地下鉄工事が続行中!

3年後には運行開始らしいから、そうなるとホーチミンのバイク事情も少しは変わるかも知れんな。

 

街中には、カフェやジェラートショップが日本と同じ・・・・・もしくは数的には多いかも知れん、沢山ありました

コンビニもCIRCLE-Kはじめファミリーマートもいっぱい、いっぱい

店内も日本と変わらない感じ

 

さて、外国でその街の市場に行ったら、その国の、その街の本当の活気や産品や人情がわかるっちゅうな

ここホーチミンにも大きな市場が三つあって、その中でも1914年完成の最も歴史のある“ベンタイン市場”に行きました☆

大きな体育館みたいなお堂の中に、生鮮品、食品、衣類、服飾品、お土産などのお店、

それに食堂、カフェ、甘味処などのお店が1000店以上ひしめきあって、通路を歩くお客さんに声をかけてましたわ

雑貨大好きな女子たちには、まさに聖地!やろな

ただ、一年の中でも一番暑いこの時期、中はエアコンもなく、人いきれで早々に引き上げてしもうた

そやけど、すごい活気やったわ♪

 

ちゃんと、シネコンにまで足を運んで市場調査してきました!!

ワシが行ったんは、ベトナム最大手のシネコン、韓国系の「CGV Cinemas

ビンコムセンターというショッピングモール、オフィス、アパートが入る複合ビルの5階!

こちらの映画のチケット代は、曜日、時間帯によって変わるそう。

と言っても、日本円で300~500円とかなり割安感があったわ

そのチケット代に比べて飲食は、あんまり日本と変わらない感じで割高感がありました。

けど、やっぱり、世界どこいっても映画にポップコーンはかかせませんな~

 

2017年5月31日

東京ドーム

さぁさぁ、順調にブログ更新中のワシ、今回は東京ドームに行ったお話です

5/18、巨人vsヤクルト戦を観てきました

今回は…一緒に行った連れがジャイアンツファンという事で、あえての巨人軍応援!!

結果から言うと、0-1の負け試合でした…

試合は残念な結果やったけど、それだけやない楽しさがワシにはたくさんありました☆

 

まずは紙コップ!!

やっぱり缶の持込は危険やから紙コップに入れ替えてくれるねんな

そしてその後ろに見つけてしまったで、コップホルダー☆

形は違うけど、ワシのパッケージステーションでもホルダー扱ってるから興味があれば覗いてみてな

コップホルダーはこちら

 

お次はゴミ箱!!

きちんと分別もできるし、プラコップが筒の中にキレイに重なって入っていくから、使用後のコップがコンパクトに集積されて場所をとらず便利やな

 

さてさてワシの中でメインイベント、フードコート

坂本選手の肉満載よくばり弁当を購入!!

名前だけで食欲そそられるやろ♪

ビールとも相性抜群でした◎

 

観戦中もやっぱりビール

売り子さんのレベルの高さに驚いたわ!

みんなとってもカワイイんや

そしてたまたま持っていた?ワシの大好きなセレッソ大阪???の紙コップでもグイーっと一杯☆

 

スポーツ観戦はほんま楽しいな♪

次回も順調にブログ更新できるように、引き続き色々お出かけせなな~

2017年5月12日

「お伊勢さん菓子博2017」

行ってきました、今回は伊勢で開かれている“お伊勢さん菓子博”

正式には「第27回全国菓子大博覧会・三重」

こちらも、「食博」と同じように4年に一度全国各地~主に城下町を回って開催されている、お菓子屋さんが開催するお菓子のためのお菓子の博覧会

もともとの起源は、なんと!明治44年第1回帝国菓子飴大品評会にさかのぼるというメチャクチャ由緒ある博覧会なんやて

 

連休をはずして平日に行ったんやけど、どのパビリオンも長蛇の列!!

全国を旅行気分でショッピングできるという、1800ものお菓子が大集合している「全国お菓子夢の市」というパビリオンの待ち時間はなんと180分

是非見たかった匠の技、伝統の技を駆使して作られたお菓子の芸術品~日本伝統の工芸菓子も見られずで凄く残念でした(涙)

 

でも、気を取り直して「伊勢に来たんやから、やっぱりまずは伊勢うどん!」ということで、

まず一杯、いただきました♪

腰のない、やわらかい太い麺が特徴のおうどん。

具も無く、薬味のおネギだけで、汁もタレのみでいただくすごーくシンプルなおうどんで、それがかえっておいしかったわぁ!

 

そのあと、地ビールの飲み比べがあったので、昼間からちょっと失礼して、ほのかな緑茶風味の「伊勢茶エール」とほどよいコクとシャープな苦味がいけてる「ドライスタウト」という珍しいビールをいただきました

おつまみは定番のフランクフルト

で、デザートの出番

さすがに、お菓子の博覧会だけあって、デザートは盛りだくさん!

ワシが選んだのは、この博覧会の公式キャラクター“いせわんこ”をモチーフにしたパフェ!

その名もズバリ「いせわんこパフェ」

アオサのおかき、伊勢茶のアイスクリーム、たちばなのクッキーに、餅街道にちなんでミニ大福がなんと2個、もうワシの大好物がてんこ盛りのワンカップでした

特注のいせわんこのスプーンがなんともカワイイわぁ~

 

大手菓子メーカーさんの趣向を凝らしたブースの並ぶ「お菓子にぎわい夢横丁」や野点スタイルで抹茶と和菓子が楽しめる風情豊かな「お茶席」、三重の特産品販売ブースなどが軒を連ねる「お買い物おもてなし街道」などを巡って、そろそろ列車の時間が迫ってきたので会場をあとにしました。

 

帰途は、近鉄電車の「しまかぜ」に乗車

2013年の伊勢神宮の「式年遷都」を記念して投入された豪華列車

全ての座席がプレミアム仕様ということで、ワシの体もすっぽりおさまるゆったりシートはほんま楽チンでした

しかし、車窓を楽しめるように窓側にカウンターと椅子が設置されている食事、デザート、お酒までいただける<カフェ車両>があるということでそちらに移動!

しばし、アイスコーヒーで一息いれるドンでした☆

他にも、掘り炬燵のある和室や6人まででワイワイできるサロン席などもあるそう!

大阪難波と賢島を水曜日を除く毎日1往復しているそうやから機会があったら是非乗ってみて~!!

 

お菓子博は14日(日)まで開催中

 

1 2

Copyright © ドン・カフェリオーネのひとりごと All Rights Reserved.

Copyright © ドン・カフェリオーネのひとりごと
All Rights Reserved.