ドン・カフェリオーネのひとりごと

ドン・カフェリオーネがお伝えします。

紙コップ、プラスティックカップ、スプーン・フォーク・ナイフなど、使い捨て容器をトータルに販売する「パッケージステーション」の情報をドン・カフェリオがお伝えします。

2017年12月22日

韓国旅行

アンニョンハセヨ~
はい、行ってきました韓国!!
何年か前も行ったけど、今回はソウルでも中心部から北にはずれた北村(プッチョン)というエリアのゲストハウスに3泊したで☆
最寄駅は地下鉄の安国(アングッ)。ここから北側のエリア。
なぜここを選んだか…
この、街並み

韓国の伝統家屋、韓屋(ハノッ)が建ち並ぶとても素敵なエリア
ゲストハウスだけでなく、オシャレなカフェや雑貨屋もたくさん◎
大阪でいう中崎町みたいな感じかな~

ゲストハウスの中もほんまに素敵やった!!
しかもオンドルでとっても暖かくて快適でした

ご夫婦で経営されてて、日本語もペラペラやし色々教えてくれたり、バス停まで車で迎えにきてくれたり、美味しい朝食を作ってくれたり、至れり尽くせり☆

そして近くには王宮が!!
せっかくやからと景福宮(キョンボックン)に行ってみたで。
めちゃめちゃ広大やった…写真撮り忘れたけど、王宮守門将交代儀式も見れて興奮したわ
 
あとはこの辺りではホットック(中に黒蜜が入ったおやき)にサムゲタン(鶏にもち米をつめて高麗人参なんかと一緒に煮込んだもの)、キンパ(韓国海苔巻)なんかを食べたかな~
もちろん、マッコリもいただきました☆コップが斬新でテンション
 
ホットックは二つに折って紙コップに入れてくれたで!!SM-205くらいの大きさでした。
ネットショップ紙コップSM-205ムジはこちら

安国駅から南側のエリア仁寺洞(インサドン)にも行ってみたで。
伝統茶屋が多く集まるエリアでお目当ての五味子茶(オミジャチャ)をいただきました☆

赤い実のオミジャ、このお茶は飲んだ時の体調によって味が変わる不思議なお茶!!
甘酸っぱくてめちゃめちゃ美味しかった!!甘酸っぱさを感じたら健康ということで一安心
でも帰国してすぐお土産のティーパックで飲んだらどえらい苦かった…疲れが溜まったから味が変わったんかな…

インサドンでは絶対食べたかった餃子(マンドゥ)とカルグクス(韓国式のうどん)もいただきました!
チェックしてたオシャレなマンドゥ屋さんに行く時間がなく、お茶屋の近くの地元感がすごい店に勇気を出して入ったで!!

マンドゥの迫力伝わるかな…ポケットティッシュくらいの大きさやねん…
でもせっかくやからと蒸しと揚げを注文!!中に春雨入っててめちゃくちゃ美味しかったで☆
キムチも付け合せでくるけど、カウンターには大量の白いたくあんも!!
これが箸休めにぴったりやったわ~

そうそう、江南(カンナム)区にある狎鴎亭(アックジョン)エリアにも行ったで!
セレブの街ということで、高級デパートのギャラリア百貨店へ!!
韓国だけでなく世界各国の名品が並んでました◎
フードコートもあり、現地の人に聞いたお勧め料理カルビタン(牛の骨付き肉を煮込んだ)を注文!!

もう、びっくりするくらい美味しかった…
この旅で食べたもの全部美味しかったけど、これが一番美味しかった!!
高級デパートやからかな、お値段2500円くらいしたけど、ほんまに美味しかった!!

あとは明洞(ミョンドン)にはエステだけ行って、東大門(トンデムン)にはアイスを食べにだけ行ったで~
このアイスがすごいねん!見てこれ!!

分かりにくいかもしれんけど、この持ち手のところ、コーンやなくて芋やねん!!
その名もコグマアイスクリーム!!コグマは韓国語で芋のことです。
人気商品らしく、ワシで売り切れ!次に並んでた友人は購入できず(笑)
干し芋みたいな感じできなこソフトが相性抜群でした☆

何度行っても楽しい韓国、関西空港から1時間40分の近さやしまたフラリと行きたいな~

2017年11月17日

金沢旅行

旅行が続くワシ、今回のチョイスは金沢!!
11月の3連休を使ってたっぷり楽しんできました☆

滞在時間の長い今回、まずは金沢から車で1時間ちょっとのところにある千里浜なぎさドライブウェイに行ってきました
なんとこの場所、日本で唯一の砂浜を車で走れる海岸線なんやで
夕日を見ながら海岸線をドライブなんてロマンチックやろ

そして金沢に戻って晩御飯!!
まずはやっぱり寿司やろということで、駅前の「もりもり寿司」さんへ!
そしてやっぱり日本酒やろということで利き酒セットともにいただきました

2日目は食べたいものたくさんまわったで☆
まずは近江町市場!!
有名なのどぐろの干物や蟹、金沢野菜がたくさん♪
練り物やあまえびの塩辛なんかもあって色々買ってもうたわ
そしてやはり定番の海鮮丼もいただきました!
もちろん美味しかったけど、これまた有名な白えびのから揚げがビールと合って最高やったわ

夜はのどぐろ飯!!この旅で色々食べたけど、ダントツの1位やわ
まずはそのまま、次はお薬味と、最後は出汁茶漬けにして、ひつまぶしのように食べるんや!
ほんまに美味しかったわ~

もちろん、甘いものもぬかりなくいただきました!
香林坊にあるチョコレートのお店、サンニコラさん♪
目移りするほどのチョコレートケーキの数々!
そして片町にある欧風カジュアルキッチンえーじさんのジェラート☆

PC-100FパティシエレッドとPC-170Fパティシエレッドに入れてくれたで!
ワシのネットショップでは販売してないけど、ケースでなら購入可能です。 
気になる方はお問合せください!
パティシエレッドはこちら

最終日はちゃんと観光もしたで
兼六園に金沢21世紀美術館!!紅葉し始めでキレイやったわ

東茶屋街では何やら行列があったので覗いてみると、コロッケ専門店のヴィレ・デ・クロケットさん!
せっかくやから並んでみたで☆見た目も可愛くて揚げたてやから美味しかったわ◎
ジェラートも食べたで~
なんと豆腐味と味噌味!相性抜群☆
片町のハンバーガー屋さんに教えてもらったクラフトビールのお店も発見してテイクアウト!
満喫の金沢旅行でした

2017年11月7日

行ってきました!イタリアフェア!!

大阪うめだの百貨店で毎年開催されている「イタリアフェア」
今年も行って来たで!
やっぱり、あのニオイ、あの雰囲気・・・・血が騒ぐわぁ~


なつかしい味もいっぱい並んでました。
トリノのリストランテのパスタや、ミラノでしか入手困難なトリュフ入りチーズ、
トスカーナのチョコレート、ビスケットのおいしいビスコッテリアも出てました
よく知っている大阪谷七のジェラテリア「チルコドーロ」のオーナー兼ジェラート職人・茂木美佐さんの
「美味!シチリアのグラニータ」というトークショーも楽しんで来ました。
ワシ、シチリア島のこと、お恥ずかしながら、あんまり知らんかってんけど、今回大変お勉強させてもらいました。

イタリア半島南部に位置するシチリア島。
地中海最大の島、シチリア島。
地中海の十字路、とも言われているらしい。
「十字路」にはたいてい、旨いモンが溢れているワケで、この島も例外ではなく、
新鮮な魚介類は当然のことながら、塩、ケッパー、ドライトマト、リコッタチーズ、
そしてなにより、ヨーロッパ全土から買い付けに来るという良質のピスタッチオやアーモンド。
それらの、とびっきりの素材を使ったリストランテ、トラットリア、ジェラテリアなどが、
四国よりも大きく、九州よりも小さいこの島に点在しているそうです。
わし、今度絶対行くで!

今回は、シチリア島からイタリアジェラート界のサラブレットと呼ばれているジョヴァンナ・ムスメチさんも来店されていて、
茂木さんといっしょにシチリア島の夏の定番「グラニータ」の話をされました。

「グラニータ」って皆さん、ご存知?
まぁ、ざっくり言うとイタリア風カキ氷なんやけど、果実や珈琲などの原材料にシロップを加えて凍らせるという、
いたってシンプルな製法の冷菓で素材の味が凝縮されているという話

で、もちろんいただきましたグラニータ!!
ワシがいただいたのは、アーモンドのグラニータ!!!
(おまけに、ブラッドオレンヂもひと口いただきました)
アーモンドをローストせずに砕いたものをシロップといっしょに凍らして食べやすいかたさにしたもの。
味は・・・・杏仁豆腐に似た感じで、食べた感じはシャキシャキというのではなく、溶けかけのジェラートというかカキ氷というか・・・・・
なんしかメチャ優しい感じでした
口の中にアーモンドのつぶつぶ感というか粉さが残るのがいかにも本場の味!
ジェラートよりも後味がさっぱりしているので、ワシ好みやったわぁ
特に真夏に大人気っちゅうのがわかりました!
と言うか、真夏限定のメニューやそう。

さいごにコレ、何かわかりますか?
紙コップ屋のワシとしては思わず手に取り購入しました。
おいしそうなカップケーキ?
いえいえ実は、紙コップ入りのポプリなんじゃよ。
こんなポップな感覚もやっぱりイタリア!!
と実感した今年のイタリアフェアでした。
11月7日まで開催。
今年行きそびれて人は来年是非!

2017年8月28日

お盆ベトナム旅行

ワシ6月に続き、また行ってきましたベトナム

お盆休みを利用して、今回はホーチミンにだけ滞在したで◎

何気に3年前にも中部にあるダナンに行ったから、今回でベトナムは3回目!!

どっぷりベトナムの魅力にはまっております

 

今回はせっかくやからメコン河クルーズのオプショナルツアーをつけてん♪

ホーチミンからツアーバスで走ること2時間ほど、南西にあるミトーへ

さらに船着き場からメコン河の中洲にある獅子島へ

とにかく、メインのジャングルクルーズにたどり着くまでに寄り道が多かった

まずは養蜂場で蜂の巣を持ち、なぜか蛇も首に巻かれ記念撮影

蜂蜜茶はすだちを絞ってさわやかなお味でした!

お次はココナッツキャンディー工場

工場というより、民家のガレージで家族でキャンディー作ってるっていう感じやったな~

ココナッツを割るところやキャンディーができるまでの工程を見せてくれて、試食もさせてくれたで

 

お次は現地のフルーツを食べながら、民族衣装を着た男女が入れ替わり歌を歌ってくれました!

赤い毛のフルーツはランブータン。

ライチみたいで美味しかったで☆

さて、いよいよメインイベント、ジャングルクルーズ!!

手漕ぎボートで10~15分ほど日常とかけ離れた時間を満喫しました

なかなか予定の詰まったツアー、お次はヴィン・チャン寺へ!!

寺といっても、中国とフランス様式を取り入れた、日本の寺とはかなり違う雰囲気。

お堂の中の仏像の後ろにはなんとビックリ、電飾が!!

写真に撮れんかったんがものすごく残念…気になる人は是非行ってみて~

さぁ、14時をまわってようやくお昼ご飯!メコンレストストップへ。

ここの名物はエレファントフィッシュとソイ・チン・フォン(揚げ餅)!!

エレファントフィッシュは身をほぐして生春巻きにしてくれたで。

パイナップルも一緒に巻いてあって美味しかったわ。

揚げ餅は自分で割れるのかと楽しみにしてたのに、引っ込められて割った状態でテーブルに並べられました。

冷めて油ギトギトで残念な気持ちに…

箸袋が日本ではあまり見かけない形だったので思わずパシャリ

さぁさぁ、まだまだ終わりませんこのツアー!

ホーチミンに戻り、サイゴン大教会やサイゴン中央郵便局、6月にも行ったベンタイン市場までさくさくと観光。

そしてまだお腹いっぱいの中、晩ご飯。観光客で賑わうニャーハンゴン!!

空芯菜の炒めもの、バインセオ(米粉の生地をクレープのようにうすくのばしてもやしや豚肉をはさんだもの)にチェー(煮豆やタピオカ、ココナッツミルク、クラッシュアイスが入っており、カキ氷のような味わい)!!

そして現地ガイドさんのおすすめのビール、サイゴンスペシャル!!

軽い口当たりで飲みやすかったで◎

もちろん、他のビールも飲んでみたけど、おすすめなだけあって、サイゴンスペシャルが一番美味しかったわ~

あと、ベトナムで有名なバインミー(20cmもの大きいフランスパンに切り込みを入れ、バターやパテを塗り、野菜や香草、肉や魚を挟んだもの)、バインフラン(ベトナム風プリンで牛乳ではなく練乳が使われてるねん)も堪能しました。

ケンタッキーも行ってんけど、チリソースとケチャップが取り放題でした☆

そして、ベトナムと言えばコーヒー!!

プリン同様、ここでも牛乳ではなく練乳を入れて飲むのが定番やねん◎

お土産でも人気のハイランズコーヒーで買ってみたで~

練乳、合う

甘ったるいんかと思ったけどコーヒーの美味しい苦味が引き立って相性抜群やったで♪

何度行っても楽しいベトナム、次はハノイかな~

 

2017年6月12日

ベトナム ~フーコック編

さぁて、ホーチミンから飛行機で1時間弱ほど飛んでやって来たのが

ベトナムの南西、タイ湾に面したほぼカンボジアとの国境にあるフーコック・アイランド

広さは淡路島とほぼ同じやそうで、ベトナム最後の秘境と言われとる

 

この島の産業と言えばヌクマム(魚醤)、胡椒、真珠の養殖、シムワインなど!!

特に胡椒は、非常に良質でヨーロッパで高い人気があるそうや

ワシも“レモンペッパーソルト”なるものを買って帰りました

生野菜にこれをパラパラとふりかけ、あとはワシの大好きなオリーブオイルと白バルサミコをたらしたら

もうドレッシング要らずやね

 

ワシが行ったこの時期はあいにくの雨季やったけど

ベストシーズンは、エメラルドグリーンの海と数キロにもおよぶ白浜が目に眩しいそう

そやから世界的なインターナショナルホテルが先を競ってビーチ・リゾートを展開しとるんや

 

さて、今回ワシが滞在先に選んだのはベトナムでは超有名な財閥ヴィンパールグループが運営する

島の北端に位置するリゾートホテル☆

客室は巨大な二棟(オーシャンウイングは日本人と欧米人用でもう一棟のコーラルウイングは中国人と韓国人用)があり全750室!!

その他に家族やグループで楽しめる一棟建てのコロニアル調のコテージもずらっと百以上並んであり

巨大な敷地内には白砂のプライベートビーチ、中庭の椰子の木に囲まれたプール、そのプールサイドにはバー

もちろんスパ、ジム、ちゃんと整備されたゴルフ場まであり、東京DRを彷彿とさせる遊園地や

日本では危険すぎて絶対許可が下りないであろうウオータースライダーが何種類も乱立するプール、

特筆すべきは、東南アジア最大規模のサファリパーク

それらの施設を現地のお兄さん運転のトゥトゥと呼ばれるカートで自由に行き来でき利用できる次第や☆

自然の中で過ごすには最高の条件と立地

 

そしてこの島でワシが一番気に入ったのは現地のマーケット!!

小さな村の市場で新鮮な魚をさばく人々、桟橋の両端にひしめくようにある水上レストラン☆

ナイトマーケットで晩ゴハンを食べる家族連れ(ちなみにベトナムでは家庭で食事をする習慣が無く朝昼晩全ての食事は外食らしい

ナイトマーケット見てて、ワシ、なんか日本の縁日を思い出したわ◎

そこでワシ、日本でも一時流行った鉄板アイスをチョイス

目の前でキンキンに冷やした鉄板にシロップをたらして作る例のヤツ!!

日本円で150円ほどやった

Tシャツなんかの雑貨も豊富やったで♪

 

で、さいごに、ワシが一番衝撃的やったんが、下の写真!!

バスの中からの撮影でちょっと見にくいんやけど

道端で生肉(おそらく豚肉)を吊るして売ってんねん

どんどん気温があがる真っ只中 何で!?

と、思うのは都会の生活に馴れたモンの感覚

向こうの人の考えでは、冷蔵庫に入った肉やまして冷凍の肉などは

「新鮮じゃない!」という感覚らしい

「おいらの肉は、捌いたばっかしで真新しいからこうやって売っているんだ」

「冷蔵庫に入れたり、冷凍にしたりしたら、古い肉を売ってると思われちゃわ」

・・・・・・カルチャーショックを受け、島をあとにしたドンでした

 

1 2 3

Copyright © ドン・カフェリオーネのひとりごと All Rights Reserved.

Copyright © ドン・カフェリオーネのひとりごと
All Rights Reserved.